住宅購入に関する情報サイト

物件は下見するようにしまう

住宅購入に関する情報サイト
物件を探す際は、見取り図やチラシだけで判断せずに必ず下見をするようにしましょう。
下見をちゃんとして物件を確認しないとのちにトラブルが発生してしまうことがあります。
実際にお住まいに不備があった、チラシや写真に記載してある条件とは違ったなどのようなこともあります。
また、仮に物件を見ないで契約しようとしてもほとんどの不動産屋さんは断るでしょう。
逆に物件の確認をせずに契約を薦めるような不動産屋さんとは契約をしない方がいいでしょう。
下見をする際には、駅まで歩いての時間や周辺の治安なども確認しておきましょう。
また、近くにコンビニやスーパー、銀行、郵便局、病院、交番、学校などがあるかチェックをしましょう。
あとになって、確認できるように写真などをとって記録することも大切です。
写真を撮ることによって、複数物件の候補があるとき自宅でどの物件にするかを、図面以外にも判断の材料にすることができます。
また、引っ越しをする際には、引っ越し先の住宅の道路の前に荷物を運ぶトラックが停車することになるので、物件の前の道路の幅も測っておきましょう。
道路幅は引っ越しの料金にも影響するので忘れないように把握しておきましょう。

推奨記事

おすすめ!

Copyright 2017 住宅購入に関する情報サイト All Rights Reserved.