住宅購入に関する情報サイト

じぶんで決める地震対策

住宅購入に関する情報サイト
マンションには耐震構造と免震構造があることを御存知でしょうか。
耐震構造とは、建物自体が地震に耐えるように設計されているものです。
構造部を強靭にして、建物全体で地震を受け止めるので震度5強以上の強い地震でも倒壊しないように造られていますが、大きく揺れるので室内の家具などは被害が大きくなります。
一方の免震構造は、地震のエネルギーを建物下の免震装置で吸収し、建物への伝わりを抑えます。
揺れを大幅に抑えるので、室内でもそんなに揺れを感じないようです。
ただ、先程述べたとおり、特殊な装置を地盤との間に設けなければいけないのでコストが高くなり、価値は高くなるそうです。
震災の死亡原因の多くを占めているのが、家具の転倒や建物の損壊による圧死や窒息死です。
そのため、たとえ建物は倒壊しなくても、激しい横揺れによって家具が倒れたり、壁が破損したりで室内でも危険なこともあるのです。
そのため、新しい耐震基準に適した住まいを選ぶのが重要でしょう。
また、家具の転倒などは、器具などによって対策することができます。
たとえば突っ張り器具では、家具と天井や壁と突っ張ることにより家具を固定し、家具に傷をつけずに簡単に対策をすることができます。

推奨記事

Copyright 2017 住宅購入に関する情報サイト All Rights Reserved.