住宅購入に関する情報サイト

住宅ローンの資金計画

住宅購入に関する情報サイト
新築で家を買って、住宅ローンを組んだとしたら、数十年にわたって返済していくことになります。
しかし、住宅ローンには色々なタイプの返済方法があり、何を選ぶかによって返済額も異なってきます。
住宅ローンは大きく分けて三種類あります。
まず「完全金利固定型」では、金利が経済の状況によって変わらないタイプで、住宅ローンの返済額は借りたときの計算から変わりません。
次に、「変動金利型」では、最初の金利は低く設定されていますが、半年毎に金利が見直されて、それをもとにして5年に一度返済額が変更されます。
振れ幅は最初の返済額の1.25倍までと決められてはいますが、金利上昇のリスクを負うことになります。
それから、「固定金利変動型」では、一定期間は金利が変動しませんが、変動しない期間、5年ほどで再度金利が設定され、それによって返済額も変わってきます。
変動金利型のような金利の上昇の上限がないので、返済額が想像以上に増えることもあります。
また、返済の仕方にも二種類あり、返済する元金と利息の合計額を毎月同じ額にする「元利均等返済」と、元金の返済額を毎月一定にする「元金均等返済」の二種類あります。
双方に長短ありますが、元利金等返済しか行っていない金融機関も多く存在するので、住まいを探す際には早めに確認して資金計画を決めておきましょう。

推奨記事

おすすめ!

Copyright 2017 住宅購入に関する情報サイト All Rights Reserved.